PreEmptive Protection
 
 
(*)は、必須項目になっております。
会社名(*) (例: 株式会社エージーテック )
会社名(カナ)(*) (例: エージーテック )
会社名(英語) (例: AG-TECH Corporation )
郵便番号(*) (例: 101-0054 )
都道府県(*)
市区町村(*) (例: 千代田区 )
住所1(*)
(例: 神田錦町1−21−1 )全角
住所2
(例: ヒューリック神田橋ビル3F )全角
FAX番号 (例: 0332935270 )
名前(*) (姓) (名) (全角)
名前(カナ)(*) (セイ) (メイ)(全角)
名前(英語) (姓) (名) (半角大文字)
部署名
役職名
役職名(英語)
電子メール(*)
電話番号(*) (例: 0332935300 )
備考欄
対象製品


興味を持たれたきっかけを教えてください。


 
【開発環境について】
PreEmptive Protection for JavaScript(PPJS)の実行にはNode.jsバージョン7.10.1以降が必要です。
PPJSをインストールする前に、Node.jsのインストールが必要です。

PPJSは、TypeScriptを使用してnpmパッケージとして構築され、NodeJSが実行されるすべてのプラットフォーム上で実行可能です。

【実行環境について】
PPJSから生成されるファイルは、JavaScriptのテキストファイル(.js)です。
Webブラウザ、ハイブリッドアプリケーション、サーバーサイドなど、JavaScriptが稼働するすべての環境で、実行可能です。

【アンケートのお願い】
ご使用にあたり、アンケートをお願いしております。
担当よりアンケートを送付いたしますので、ご返信をお願いいたします。


 


(c) 2020 AG-TECH Corporation.